豊胸するなら良い睡眠を

豊胸と睡眠は切っても切り離せない関係にあります。胸を大きくしたいなら、質の良い睡眠をたっぷりととることが大切です。

なぜなら、睡眠中は成長ホルモンがたくさん分泌サれるからです。成長ホルモンは眠りについてから3〜4時間が一番たくさん出ると言われています。

この成長ホルモンは、その名の通り体のいろいろな細胞の増殖を促して、「成長」を促すホルモンのことです。睡眠中は成長ホルモンがたくさん出ることで、体の成長や肌のターンオーバーが早まります。

つまり、睡眠が不足すると、バストの大きさも成長しにくくなるばかりか、肌の質感も悪くなってしまうのです。今の時代豊胸手術などで胸の大きさなんてお金でどうにでもなる時代にはなりましたが、そこまで簡単に豊胸にお金を出せる人ってそんなにいません。

成長期にしっかりと質の良い睡眠をとっていれば、特別なことはしなくてもある程度胸は成長します。もちろん遺伝でもともと胸が小さい人も居ますが、本当は大きくなるはずなのに睡眠のとり方が悪くて、バストアップのチャンスを逃している人もいるはずです。

こうした質のいい睡眠を摂ることは、成長期の豊胸だけでなく、バストアップクリームを使って豊胸するときにもきっと役立つので、ぜひ心がけてみてください。